猫の俳句

東京の八重洲ブックセンターで石寒太著の『日めくり猫句 』(牧野出版 、2007年初)という本を購入。この本猫の俳句ばかりを1年間紹介したもの。世の中の人は猫好きと犬好きに大別されるらしい。私は戌年トイプードル飼っているから犬好きか。この企画、出版社の社長が大の猫好きなため実現したらしい。

猫の俳句で一番最初に思い浮かぶのは、万太郎の句か。

「叱られて目をつぶる猫春隣」(久保田万太郎

あと有名なのは、

「百代の過客しんがりに猫の仔も」(加藤楸邨

「恋猫の恋する猫で押し通す」(永田耕衣

「黒猫の子のぞろぞろと月夜かな」(飯田龍太

がありますが、あるもんですね猫の句。


私めも幾つか作ったはず。

「秋の日や哲学の道猫の道」

「車燈つき猫宵闇へ走り去る」

「唸り声無月の庭に猫が寄る」

広告を非表示にする