大虚

【2014年(108)】


「八月の森の匂える緑蔭」


森には匂いがある。それは樹木の香り、下草の草いきれ、棲息する生き物の呼吸。緑蔭の豊饒。


「竹の子や大き虚ろを繋ぎゆく」


竹は中が空洞の部屋を幾つも積みあげ、背丈を空へと延ばしていく。空虚の連鎖。