艸千里

 【2015年俳句(76)】

 

ころがりし雀の骸炎天下

 

道路に死んだ雀がころがっていた。日は容赦なく降り注ぐ。

 

雲の峰馬糞踏み行く艸千里

 

熊本に旅行して、阿蘇山麓の艸千里で馬にのった。馬が歩くその下は馬糞だらけ。