夏燕

【2015年俳句(84)】

 

日めくりの半分消えて夏痩せぬ

 

七月、一年もすでに半分が終ってしまった。

 

夏燕休む暇なく巣へ通う

 

燕も巣作りに忙しい。生きることは、せわしい。