池波正太郎

佐藤隆介の『素顔の池波正太郎』(新潮文庫)を読む。

三十代の頃、剣客商売鬼平犯科帳シリーズを熱心に読んだ。小説もうまいが、食い物を語らせたら天下一品、他の追随を許さない。「口福」を求めた作家である。

池波正太郎が又読みたくなった。

 

ことことと鶏に葱小鍋立