読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小西甚一

小西甚一の『俳句の世界』(講談社学術文庫)を読了。俳句の歴史を一気に駆け抜けた。俳句史はこの一冊で十分と絶賛された名著だが、語り口や物の見方が現在からすると古びて見えるのは仕方がないか。虚子の位置づけなどはあまりにもステロタイプな把握で同感しかねる。加藤楸邨の親友で小西も俳句を作るので、内容は実に楽しい。

 

短日やうたふほかなき子守唄

 

小西甚一の俳句。