読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初恋

初恋や燈籠によする顔と顔

 

炭大祇の句。大祇は天明の中興俳壇の俳人与謝蕪村と親交があった。

大祇の句は印象深い句が多く好きな作者だが、この句は、初恋の言葉を入れ、少年少女時代の淡い気持ちが上手く詠まれている。


なぜ初恋などというのかといえば、通勤の途中カルピスを飲んで、まだシルクハットの黒い人が商標だった頃、CMで「カルピスは初恋の味」と言っていたのを思いだしたから。


俳句で初恋とストレートに入れた句は、あまり見たことがない。