読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016角川俳句賞(下)

「帰去来」残り半分25句。

 

二輪車の背中追ひかけ青嵐
昭和の日電車通過す無人駅
とりあへずはいと返事し柏餅
鯉幟もう少し泳いでいたい
小学生今何人と子供の日
突然に人現れて木下闇
春茜帰る子供へ吠える犬
披露宴の受付係胸に薔薇
春筍地面押し上げ覗きけり
夏始喉を鳴らして水素水 
一面に空敷きつめて田水引く
次々と波紋広がり水すまし

ミニ薔薇の垣根に赤き吹雪かな
太陽光パネル囲みて蛙鳴く
休耕田野菊少々草混沌
未来とは常に前方幣辛夷
青蜥蜴声出す前に消えにけり
サルビアの花赤々と苗売らる
介護車の停められてをり柿若葉
唇は冷たしラムネ玉揺れる
平らかな脈に戻りて日永かな
田楽の山椒葉少しずれている
黒ビール自分で自分褒めたき日
花虻の羽ばたきの音だけがある
若鮎の水切り進む背鰭かな