読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『銃身』

鷲谷七菜子の『銃身』を、日曜日の大阪への行き帰りに読んだ。マイナスイオン全開の句集である。なぜこんなに暗いのだろう。何かにつけて、思考のベクトルが陰の方向へと向いていく。この作者のことはよく知らないが、自分の俳句を求めて彷徨している時期だったのかもしれない。

 

滝となる前のしづけさ藤映す

 

句集より一句。