読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

枯葉

会社から公園を抜けて昼食のために喫茶店に向かう。公園には、銀杏やプラタナスが立ち並び鳥の囀りが賑やかである。落葉を踏みしめて歩けば、地面に降りた鳩たちがこちらをジロリと見るが飛び立ちはしない。枝には雀が飛び交っている。都会にもし公園がなかったとしたら、本当に殺伐とした風景になるだろう。

 

日だまりの枯葉いつとき芳しき

 

石橋秀野の句。