読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の朝

朝の寒さが、今日は一段と身に染みる。今日は零度を切っているのだろう。

寒くても起床しなければならない。現代はすぐに暖房が入り、火もいつだって使えるが、昔の生活は大変だった。人が立ち働かねば、何も始まらないのである。

 

寒暁を起きて一家の火を作る

 

阿部完市の句。