読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水鳥

名古屋市の街中を流れる川は堀川。御世辞にもきれいとは言えないが、そんなドブ川にも生き物が活動している。水鳥が川面を数羽泳ぎ、亀も見つけた。甲羅に山盛りの泥を乗せ、水面を長く見つめていたが、やがて意を決したのか、川の中へ飛び込んだ。


水鳥のしづかに己が身を流す
柴田白葉女の句。