読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元気が出る俳句

気分の落ち込んだ時、心癒されたい時に開くのが、倉阪鬼一郎の『元気が出る俳句』(幻冬舎新書)である。良くできた俳句アンソロジー、もう何回読み返しただろう。大岡信や村上護のアンソロジーも好きだが、本書は元気というテーマで編集されているので、読んでいるうちにテンションが上がっていく。


春風や闘志いだきて丘に立つ
 

高浜虚子の句。