大寒

大寒」(だいかん)とは、二十四節季の一つで、一月二十日頃。その日と小寒に続く十五日間をいう。冬の中でも最も寒さが厳しい時だが、これを越えれば春の到来である。

大寒の一戸もかくれなき故郷

飯田龍太のこの句にまさる大寒の俳句はない。寒さの中に凛とした雰囲気が伝わってきて見事。