読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春めく

「春めく」とは、寒さがゆるみいかにも春らしくなることをいう。昨日は結構寒かったが、昼食時に堀川端に菜の花が咲いているのを発見。目にまぶしいあざやかな黄色が春を告げていた。

 

春めきてものの果てなる空の色

 

飯田蛇笏の句。