読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春雨

朝から雨である。名古屋の桜も開花宣言があったばかりだが、花見に出かけるには残念な天気。しかし午後からは雨も上がるらしい。

春雨は、古来しっとりとした趣のあるものとして詠まれてきた。「春雨じゃ、濡れて参ろう」は、何の科白だったのだろう。このフレーズは、いつも思い出す。

 

春雨や小磯の子貝濡るゝほど

 

蕪村の句。