読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

啄木忌

昨日4月13日は、石川啄木の命日で「啄木忌」。
小学校の担任の先生が啄木が好きで、授業で短歌を教えてくれた。その影響を受けて、「一握の砂」「悲しき玩具」読みました。昔の文学青年に啄木は必須アイテムだったが、今啄木は読まれるのだろうか。


便所より青空見えて啄木忌

寺山修司の句。