風鈴

風鈴がチリンと鳴ると、たまらない暑さにも何となく涼しさを覚える。窓につるしてある風鈴は永平寺を訪れた時に求めたもの。

蝉の鳴き声が部屋中に反響している。午前中家の庭を草刈機で刈り、シャワーを浴びてベッドに横になっていたらいつのまにか眠ってしまった。心地よい疲労。

 

風鈴の音の中なる夕ごころ

 

後藤比奈夫の句。

広告を非表示にする