小満

新暦5月21日頃を二十四節気では「小満」と呼ぶ。万物しだいに長じて満つるの意と歳時記には書いてある。作句では、満ちるという処がポイントか。

 

小満のみるみる涙湧く子かな

 

山西雅子の句。

広告を非表示にする