影法師

電車通勤である。帰りの電車は夜になる。車窓には夜景も見えるが、大方映るのは座っている自分。見つめながら時間が過ぎていく。電車の揺れる音がどこまでも続く。

 

春の宵向かひに座る影法師