空蝉

蝉の幼虫が地上に這い出てきて、背中を割り川を脱ぎ捨て成虫になる。この蝉の抜け殻が「空蝉」と呼ばれる。成虫になるのは夜中に行われるが、夜明け前の深夜蝉の鳴く声がすごいのは、一人前になったという歓喜の歌を蝉たちが歌うためかもしれない。

 

空蝉や未来へ躍り出てゆきし

広告を非表示にする