読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森澄雄

森澄雄の『はなはみな』(ふらんす堂、1990年初版)を読む。妻アキ子への追悼句集。妻のことをこんなに詠んだ俳人は、森澄雄の他には草田男ぐらいか。夫婦のことは、夫婦しかわからないが、深い愛情があったことは間違いない。

 

妻がゐて夜長を言へりさう思ふ

 

森澄雄の有名な句。