読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿の実が、枝に点描のようについている風景があちこちに見える。昔は柿の木がどこの家にも植えられていた。葉が落ちて柿の実だけが取り残されたようにある。柿も昔は貴重な甘味だったが、喜んで食べなくなった。そういえば正岡子規は柿が大好物だったなあ。

 

いちまいの皮の包める熟柿かな

 

野見山朱鳥の句。