読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「俳句の変革者たち」青木亮人

会社の帰りに、ふらふらと「ちくさ正文館」へ立ち寄る。この本屋へ行くと必ず知らない本と出会い、衝動的に購入してしまう。今日は雑誌1、文庫2のお買い物。

NHKカルチャーラジオのテキスト「俳句の変革者たち 正岡子規から俳句甲子園まで」(青木亮人)を購入。著者は「その眼、俳人につき」で刺激的な評論を書いたが、本書も好著。子規の俳句革新がどう新しく、俳句がいかに変わったのかを具体的に説明してよくわかる。フーンとうなずくことしきりである。まだ途中だが、楽しい読書ができそう。

 

秋燕の記憶薄れて空ばかり

 

生駒大輔の句。本書の最終ページに載せられている。