「ただならぬぽ」について

『南風』7月号、「俳句深耕」の原稿を転載します。

 

島健一が2017年第一句集『ただならぬぽ』(ふらんす堂)を上梓、句集タイトルに採られているのが、


ただならぬ海月ぽ光追い抜くぽ


の句であり、その年話題になった作品である。田島健一の師匠である石寒太は、この句を高く評価している(『俳句α2018春号』)が、私も初めて見た時に印象に残り他の句も読んでみたいと句集を購入したので、本句の斬新な魅力について述べてみたい。
 この句は一見「海月」を詠んだ句のように思えるが、作者は「ぽ」という言葉、あるいは「ぽ」という音が喚起するイメージを俳句にしたかったのだと思う。『天の川銀河発電所』(左右社、2017年)のなかで山田耕司が「この句には、作家の資質そのものであるような余剰の「ぽ」が本体であり、そのアリバイのような言葉で俳句というパッケージに仕立てられている風情があります。」と指摘をしているが、全く同感である。田島健一は無意味なものを結合させたり、意味を奪ったりして新たな俳句の地平に立とうと試行錯誤している。意味のない「ぽ」の連続音から明滅する光のイメージが結ばれ、「海月」がそこに浮かび上がったのだろう。常識的な視線を打ち消すために「ただならぬ」という形容詞で「海月」を修飾することにより、シュールな景色を出現させたのである。海面に発光しながら浮遊する無数の海月群、「ぽ」のP音を「海月」の後と句の最後に置いて光の明滅する印象を打ち出すとともに、海月の浮遊感を出現させることに成功した。「光追い抜く」のフレーズにさしたる重要性はなく、全体の調子を詩的に整えていくための言葉であろう。
俳句の作り方として、十七音という極端に少ない文字数で最大限の想像力を喚起するために、正岡子規の提唱した「写生」は対象物の描く主体に焦点を絞り込み、極力無用なものは省略するというのが主流である。従って本句のように無意味な文字を付加する作句法というものはなく、その意味でも斬新な作り方なのである。写生によるスケッチで描かれた絵と、デザイン画のポスターというほど、表現手法は異なっている。取り合わせであるが二物衝撃とはまた違った作句法で、デザインして編集した俳句というしかない。主題を言葉に依存するのではなく、イメージを多重に構成することで俳句を完成させている。「ぽ」が挟み込まれても全体のリズム感があり、実質は無意味なのだろうが、連想が広がって面白く味わえる句となっている。
島健一の句の傾向は、師の石寒太が句集『ただならぬぽ』の序文に書かれた「無意味之真実感合探求 新感覚非日常派真骨頂」言葉のとおリである。<蛇足だが、この序文は川端茅舎句集『華厳』へ高浜虚子が書いた序文「花鳥諷詠真骨頂漢」のパロディであり、笑える。>田島健一の句のほとんどは、焦点をずらしたり、意味をとらせぬようにしたりしているので、雰囲気にのれなければ難解、意味不明の句群でしかない。句集を通読したが、必ずしも田島健一の志向する句作が成功しているとは言い難い。例えば同句集の「海月」の他の句には、以下のものがある。


紙で創る世界海月の王も紙


帯に抜いてある句なので作者お気に入りなのだろうが、紙工作の作業、あるいは紙製品のディスプレイなのだろうか。紙に視線は注がれているが、描こうとする世界が見えてこない。


仏法にひたおどる使徒のぼる海月


これもよくわからない。作者は仏画か何かの絵を見ているのだろうか。「のぼる海月」は「海月がのぼるようだ」という比喩なのか。「使徒」の言葉使いの違和感。作者の感興の焦点が不明なため、意味を考えても仕方がないのかもしれない。
俳句の形をしているだけの無意味な言葉が並ぶのだとすれば、無意味の追及は本当に真実を感じるところへ到達できるのであろうか。再び『天の川銀河発電所』を引用するが、「定型だけを頼りに、「俳句」にならないよう世界との遠近感を壊そうとしているフシがある」と山田耕司は言う。破壊の後に田島健一が、「俳句」ではない俳句を作ることができるのか、今後の句作に注目したい。

島健一は1973年東京生れ。石寒太に師事、「炎環」同人。「豆の木」(代表こしのゆみこ)に参加。2015年、鴇田智哉、宮本佳世乃、生駒大祐とともに季刊同人誌「オルガン」創刊し、現在活動中である。

夏の日

今日は朝から快晴、暑くなりそうな予感。

『南風』7月号が届く。自分の原稿が、俳句深耕コーナーに掲載されている。田島健一の「ただならぬぽ」について書いた。「南風集」も久しぶりに4句掲載、いつもは3句どまりなので嬉しい。あわただしい日々が続いているが、俳句はやすらぎの時間。

 

風に飛ぶ原稿用紙啄木忌


蝌蚪の国消えて雨足強まれる


竹の秋静かに人の通りゆく


鳥曇夫婦二人の家屋敷

 

自作4句。

 

夏至

2018年の夏至は、本日21日。北半球では日照時間が最も長い日である。
今日は天気もいいみたいなのて、仕事にも遊びにも絶好の日である。
ニュースをみれば、相変わらずの人間世界であるが。


夏至今日と思ひつつ書を閉ぢにけり


高浜虚子の句。

安西水丸

安西水丸の『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ、2018年)を手に入れる。イラストレータ安西水丸の俳句100句がイラスト付きで読めるというもの。安西水丸はすでに2014年に他界していたのは知らなかった。「ぴあ句会」などで俳句を作っていたのだね。

ゆっくりと読ませていただきます。

 

女郎花庭のいつもの場所に咲く

 

安西水丸の句。

狸走る

夜中に家へ帰る途中、車の前を小動物が横切った。猫かと思ったが、よく見れば狸。畑の方から道路を横切り林へ戻る途中だったのだろう。自動車のライトに照らされると慌てて駆け去っていった。狸は夜行性なので夜に徘徊する。県道にはひかれた狸をよく見かける。

まだまだ自然と共生しているわが町がある。

 

戸口から青水無月の月夜かな

 

一茶の句。

雨蛙

昨日犬の散歩の途中、犬が立ち止まったところに雨蛙を発見。鮮やかな緑色をして、手を揃え、さてどこへ行こうかと思考中。そばにいる人間の存在は無視。芥川龍之介の「青蛙おのれもペンキぬりたてか」の句が浮かぶ。ストレスをかけないように静かに、その場を立ち去った。田舎に蛙がいるのはあたりまえだが、都会では蛙さえ見つけるのに苦労するのだろうな。

 

鳴く前の喉ふるわせて雨蛙

 

伊藤伊那男の句。

石牟礼道子の俳句

祈るべき天とおもえど天の病む

 

さくらさくらわが不知火はひかり凪

 

死化粧嫋々として山すすき

 

季語がないとか、字余りであるとか、そのような批判はこの作者と無縁である。乾坤に石牟礼道子詩語が響き渡るのであって、この人の「一行の力」は日本国内のいわゆる俳人の評価基準と全くかかわりがないのである。一行の一字一句にこもる無限大の禱りと詩魂。その世界をまるごと享受することこそ、肝要なのではないかと思う。

(黒田杏子「石牟礼さんと寂聴さん」より)

 

俳句とは、作者名がなくても自立して成立すべきものとする論がある。作品は作者と不可分、一体のもの。石牟礼道子の詠んだ句であるからこそ人は読むのである。