技のこだ割り

人間だから好き嫌いは当然ある。菓子は太るのでできるだけ食べないのを原則としているが、口が淋しいと思うとき、どうしても食べてしまうものがある。その一つが、亀田製菓の「技のこだ割り」。割れ煎餅にたまり醤油の味がよく浸みこんで絶品。食べ出したら止まらない。袋はチャック付きなのだが不要状態。このお菓子は絶妙に旨いのである。買えば、もはや食欲の奴隷となることは必至。できるだけ避けるようにしよう。

 

丘の上に雲と遊びて馬肥ゆる

 

森田峠の句。

歳華片々 

注文していた『歳華片々 古典俳句評釈』(矢島渚男、ふらんす堂)がようやく届く。発売が延期され首を長くして待っていた。今、古典俳句を語らしたら矢島渚男の右に出る者はいないだろう。12か月に分けて、古俳諧が鑑賞されたアンソロジー。秋の夜長を楽しむには、もってこいの本。


山につき山にはなれつ秋の雲


堀麦水の句。

体重計

体重計にひさしぶりにのる。「何これ、嘘だろ」とぼやきたくなる気分、4キロも太ってしまった、最近お腹がでてきたような気はしていたのだが。御飯も果物もガンガン食べていたので、糖質過多だったことは事実。とリあえず痩せなければ。健康診断は近い。


秋夕焼わが溜息に褪せゆけり

相馬遷子の句。

末枯

気がつけば紅葉の時期となり、柿の木は落葉がすんで裸木になっている。
「末枯」(うらがれ)という季語を覚えた。末は梢(うら)に同じで、草木が先から枯れはじめる様をいうと歳時記の説明。なるほどとうなずく。


末枯るるものにやさしく日のぬくみ


今井つる女の句。

中日新監督

中日ドラゴンズの新監督に、球団OB の与田剛が就任した。中日は6年連続のBクラス、長期低迷が続いている。私は熱心なプロ野球ファンではないが、それでも地元の球団である中日ドラゴンズには、頑張ってもらいたい。チームの結束と必勝パターンを早急に作り上げたい。与田監督に期待する。


鶴の来るために大空あけて待つ


後藤比奈夫の句。

役員人事

どの組織でも大変なのは人事をめぐる問題。わが区の次期役員をそろそろ固めていかなければいけないが、これがなかなか決まらない。普段なら年齢に従って順送りだが、来期は町内会の副会長もついているので、引き受け手がいないのである。秋祭の宴席で打診しても、結論は出ず。早く道筋をつけて楽になりたい。


浅漬けやあさき夢なるうつせごと


能村登四郎の句。

秋祭

本日は地区の秋祭。午前8時に八幡神社に集まり、お昼は各地区の集会場で宴席。神輿を出す地区もあるが、わが地区は無し。

歳時記によれば、秋祭りは収穫を感謝し、守護してくれた神が田から山へ帰るのを送るとある。盛大に祝いたい。

 

石段のはじめは地べた秋祭

 

三橋敏雄の句。