新涼

朝晩が涼しくなってきた。夜は、パジャマ無しで寝ると寒くて目が覚める。

心地よい涼しさを感じるのは、すでに秋になっているからか。

歳月は過ぎていく。さしてかわりばえの無い毎日だが、同じようで同じでない一日、貴重な時間。

 

 

新涼や白きてのひらあしのうら

 

川端茅舎の句。

 

 

句集(2)

還暦の記念に句集を作ろうと思い、編集作業中。300句の選句が完了。自分のために作るのだが、人に読んでもらうことを前提に、一年のなかで同じ季語の句は除き、読んでいくリズム感も考えながら編集をした。
前回は50部印刷したが、さて何部にしよう。自分だけが楽しむ、宝物の時間。


秋晴や瞼をかるく合はせても


鷲谷七菜子の句。

初秋

台風の影響か、今日は朝から雨模様。このところ雨が降って、暑さも和らいだ感あり。寝苦しさも少しづつ改善。
句集の選句をしているが、なかなかまとまらない。汗だくになり、駄句の山からレアメタルを取り出す作業に没頭中。


初秋の口笛ふいて女の子

石田郷子の句。

八月十五日

世間はお盆休み。長男も帰省してベッドで寝ている。市から送られてきた配布物を回覧板で回すため、各班のスタートの家に届ける。
新聞は終戦関係の記事、何事もないのが一番。戦争を知らない子供たちは、大人どころか老人となり、介護のことを考える年齢となった。


八月の十五日より戦なく

句集

還暦の記念に句集を作ろうと思う。初句集は、退職記念に55歳で作った。俳句を初めて2年目で、ありったけの俳句360句を収録してこしらえた。まさに素人に怖いものなしである。それから5年間、300句で2冊目の句集の製作準備に入った。タイトルは故郷の名前から『稲津』と決めている。俳句のことを考えているときは、楽しい。

 

夏空へ紙飛行機は音もなく

 

 

 

Uターン

娘から突然の電話。11月に会社を辞めて実家に戻ると言う。娘は東京の大学に進学し、東京で就職している。このまま東京タラレバ娘になるかと思いきや地元に戻る決断をした。結婚や子育てをするなら、親元がいいだろう。未来は未知数だが、親は支援するしかない。


おのづから雲は行くもの青林檎

友岡子郷の句。

同窓会

多治見北高の還暦記念の同窓会へ参加。5年ごとに同窓会は開催されている。今回は130余名参加と盛況、卒業以来の友人にも会いました。体型や髪形は変わっても、なんとなく昔の面影は残っていて面白い。母校にヤマハのドラムセットを記念に贈呈。3年間クラスが一緒だった3人、私、横井君、知子さんと話ができたのもうれしかった。

 

一生の楽しきころのソーダ

 

富安風生の句。