春月

春の月は、みずみずしい。月は秋が一番美しいとされるが、水を含んだような春の月もまた魅力的である。昨日は夜空に雲をなびかせ煌々ときらめく月が幻想的であった。 朝が明けた西の空に、白い月の姿があったが全然別物。月は夜のものに違いない。 帯解きて…

『わが父波郷』

波郷の息子である石田修大が書いた『わが父波郷』(白水社)を読んでいる。今、胸の手術のくだり。 不治の病だった結核にかかり闘病する波郷の心中を思う。波郷を支えた妻あき子や家族の大変さが切実に伝わってくる。 今生は病む生なりき鳥頭 波郷絶唱。

天金

天金という言葉知ってますか。天金とは、製本で天小口に金箔が塗ってあるものをいう。藺草慶子の句集『櫻翳』(ふらんす堂、2015年)を読んで、天金の本であることを発見。今時、珍しい。藺草慶子は昭和34年生まれだから同世代。 回転木馬つぎつぎ高し冬に入る…

安吾忌

昨日2月17日は、小説家坂口安吾の命日。大学生時代、角川文庫でむさぼるように読んだ思い出がある。本と紙屑が散乱する部屋で眼光するどく机に座り執筆する安吾の写真が、無頼派らしいと思った。 その後、全集も揃えたはずだが、今は格納されたまま。 安吾忌…

佐藤りえ『景色』

1月分のデータ処理が終わり仕事が一段落。帰りに書店巡りをして、ちくさ正文館へ。佐藤りえという人は全く知らないが、装丁が気に入ったので句集『景色』(六花書林、2018年初版)を購入。著者は1973年生で、「豈」同人。合わせて坪内祐三『昼夜日記』(本の…

佐保姫

佐保姫は春を司る女神。平城京の東側にある佐保山が春の方角に位置し、春を担当する神となった。秋の女神は、龍田姫。ともに女神てあることが季節の艶やかさを象徴している。 佐保姫のもうためらはぬ歩みかな 国保泰子の句。

蓄積疲労

疲れが蓄積している。踏ん張りが最近はきかない。無理せず、仕事を均してやるようにしているが、勘定を合わせるのが仕事、不一致となれば一気にストレスまみれとなる。 今日は後れ馳せながら、新年会。早く仕事を片付けないと。 春浅き百円のおにぎりを買ふ

イヌフグリ

南風メール句会の清記一覧が届く。今回の参加者は54名、162句。その中でイヌフグリの季語と取り合わせた句が2句あった、イヌフグリはオオバコ科の花で、果実が犬の陰嚢に似ていることから名付けられた。フグリの説明で、キンタマと直に書いてあるものはなく…

池江璃花子

昨日、水泳の池江璃花子選手が白血病であることを公表。衝撃的なニュースに日本中が震撼した。 感染でもなく遺伝でもなく、突然に病魔が襲う。病気というものの怖さをあらためて思う。何故、池江が白血病にならなければならないのか、その解答はない。古来、…

ハズキルーペ

先週、勤務先の会長の米寿を祝う会があり、その時のお祝いに贈呈したのが、話題のハズキルーペ。席上、開封してかけさせてもらったが、いやよく見えます。今週の週刊文春の漫画『タンマ君』もハズキルーペがネタ。嘱託の人のメガネの上にのり、ハズキルーペ…

四大陸選手権

フィギュアスケートの四大陸選手権は、女子が紀平梨花、男子が宇野昌磨の逆転優勝となった。宇野ははじめての世界一のタイトル奪取である。怪我をおしての出場で、演技終了後崩れるように倒れたのが、厳しい状態だったことを示していた。今この時を耀くため…

休憩

今日は久しぶりに、7時過ぎまで寝ていた。風邪も回復傾向。 休みだから片付けたいことは山ほどあるが、たまにはぼーっとしていたい。 小林まことの『柔道部物語』を再読して、元気をもらう。 雑然と春の来ている机かな 山本一歩の句。

早春

関東地区は、大寒波で大雪の報道がされているが、我が住む町は曇り空だが雪の降る感じではない。 今日は句会の懇親会が名古屋駅で夕方開催。それが楽しみ。 普通に歩いても坂道は息切れしてしまう。加齢と共に自分の体も変わっていくのを感じる。楽しく暮ら…

猫の恋

我が家の周りにも猫が結構暮らしている。2月になり発情期に入ったか、昨日はさかんに鳴き声が聞こえてきた。猫達、御苦労様です。 鳴いて鳴いて声かれるまで猫の恋鳴き声は闇を切りさき猫の恋休憩もたまに入りて猫の恋

梅の花

毎朝犬の散歩をする順路に白梅の木があり、もうつぼみがほころんで花が咲きだした。あと数日したら満開になるだろう。抜き足差し足忍び足で、春の舞台へ登場するのを待っているのは、梅だけではないだろう。 白梅や父に未完の日暮あり 櫂未知子の句。

値上げの春

乳製品が値上げすると聞いたら、今度はラーメンが値上げの報道。原材料、人件費の上昇が要因とのこと。消費税もあがれば、ダブルパンチ。成績はあがればうれしいが、物価は安いにこしたことはない。物価上昇を経済目標にしている政府には意に沿うことか。 何…

常会

私の住む地区は「常会」と呼ばれる定期会合を偶数月の4日に開催している。昨日は、区長の就任順番を決め、次期役員を選出した。これで区長の仕事も大方の目処がついた。あとは任期満了まで、淡々と残り仕事を片付けるだけ。 人は影鳥は光を曳きて春 永方裕子の…

立春

今日は立春。暖かくなりそうな気配。 昨日は節分、寒明の日でもある。 マフラーをして家を出たが、そろそろ要らなくなるか。歳時記も春の部に戻り、活動の季節になる。 麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子の句。

無印良品

ファミリーマートは無印良品のコーナーがあったが、1月28日付で商品供給が終了したため、もうすぐ販売スペースが無くなる。よく行くファミマも無印良品のコーナーだけがスカスカである。系列が同じということでコラボしていたが、違和感はぬぐえなっかった。…

春隣

暦の上では、もうすぐ冬が終わり春になる。春がすぐそこまで来ている。 明日は市会議員選挙の投票日。地元の候補者が朝から名前を連呼して回っている。 今日は車検に車を出さなければならないし、ガスの点検はあるし、夜は区長会に同年会。本日は予定がつま…

二月

二月がはじまった。昨日はメールを待っているうちに寝てしまい、早起きして携帯句会の清記、選句メールの発信をする。今月もイベント続きでせわしなく終わりそう。ただでさえ、二月は日数がないのに。 波を追ふ波いそがしき二月かな 久保田万太郎の句。

一月も今日で終わり、何ともあっけない。北海道旅行など楽しいこともあったが、風邪気味の身体を騙し騙ししながらの一か月であった。だいぶよくなったが、咳がまだ止まらない。咳は、気道を清潔に保つための生体防御反応、体のなかで戦ってくれているのだ。…

橋本治逝く

作家の橋本治が、肺炎で亡くなった。享年70歳。桃尻娘とか読んだなあ。確か窯変源氏物語のシリーズも買った覚えがある。すごく才人の印象があるが、それほど年は離れていないなあ。風邪の身には、肺炎の文字も身にしみる。合掌。 咳をしても一人 尾崎放哉の…

マスク

インフルエンザが大流行しているらしい。風邪をひいて咳がでるのでマスク着用。会社の事務所でも、ほぼ全員がマスクをしている。マスクをすると、そこで遮断されている感じが好きではない。 完全に風邪を治してスッキリしたいが、当分無理だろうな。携帯句会…

「一」が、わが携帯句会の今月の兼題。しかし何も浮かばない。 大坂なおみが、全豪を制して世界一になった。世界一である。一位とか無縁の人生であるので、想像も及ばないが、凄いとしか言葉が見つからない。 「一」は縦にしても横にしても、単純な線、無用なも…

俳句日記

ふらんす堂から俳句日記というシリーズの叢書が出ている。ふらんす堂のホームページのコンテンツで俳句日記のコーナーがあり、それをまとめたもの。既刊5冊。そのうち2016年の稲畑廣太郎「閏」を読んでいる。正直俳句には全く期待しないが、ホトトギス主宰の…

死の種子

『俳句』2月号を買う。冒頭の特別作品50句で長谷川櫂の「死の種子」と穏やかならぬタイトルが出ている。病名はわからぬが死に直面し手術を受けたことが俳句に詠まれている。死ぬことはわかっていても、それは他人事にしておきたいのが人情。しかし、誰もが直…

給与支払報告書

12月は年末調整、.1月は給与支払報告書と仕事、仕事の毎日。多店舗展開しているので、給与支払報告書も170超の自治体に発送しなければならない。とりあえず発送も終わり、昨日で一区切り。 白息やいづこへゆくも坂ありて朝倉和江の句。

トローチ

風邪気味である。喉がヒリヒリして、鼻水が止まらない。お医者さんに頼んでトローチを出してもらう。最初は舐めているが、小さくなるとかじってしまう。本当は短気なのかもしれない。 風邪の人トローチ舐めてもの言はず

コレステロール

毎月1回、医者に行き薬をもらう。昨日が予約日で、前回の血液検査の結果を聞く。コレステロールの数値が正常値を超えて、薬を出そうかと言われるが、しばらくは様子見することに。年末から食べすぎで肥満ぎみ。痩せなくては。 沢庵の一きれで足る飯茶碗