寒卵

寒卵は、冬に産んだ鶏の卵、産卵数が少なく滋養に富み、保存がきくとされる。 今は卵は一年中流通しており、めすらしくもないが低価格を維持しており物価の優等生、ありがたい。 目玉焼きが多いが、たまには卵かけ御飯も食べたくなる。 一汁と一菜と寒卵かな…

カイロ

日毎、寒さがつのります。 朝家を出て足下が寒いと思ったら、カイロを入れるのを忘れていた。あわてて駅のキオスクで購入。長距離通勤者にはカイロは必需品。歳をとると寒さや冷えが一番身体にこたえる。「暖」は幸福の必要条件。 用済みのカイロ冷たく固まれり

年末賞与

大手企業はすでに支給されているのだろうが、勤務先の賞与支給日は、明日14日。すでに銀行へのデータ送信は完了しているので、あとは明細書を配付するだけ。もらう立場の時は金額を楽しみに待つだけだったが、支給する事務方の立場になると、遅れないよう間…

蜜柑

蜜柑の美味しい季節になった。蜜柑は冬の季語、ちなみに林檎は秋の季語。今テーブルにあるのは有田みかん、糖度が高く甘くて美味。愛犬も蜜柑は大好物で、奪うように食べて、もっと欲しいと催促する。寒いが美味しいものを食べて乗りきりたい。 どの山の影と…

『海街 diary』完結

吉田秋生の『海街 diary』が第9巻で完結、12月10日に発売された。映画化もされ累計360万部突破の大ヒット作とある。作者の吉田秋生は、2017年に画業40周年を迎えた大ベテラン。鎌倉を舞台にした主人公すずの物語も終わりかと、ゆっくりと頁を開いていく。漫…

紀平梨花

紀平梨花が、ファイナル・グランプリでザギトワをおさえ、初優勝した。16分間練習の時、雑念が押し寄せたみたいだが、プレッシャーをはね除け、自分のスケートを貫徹した精神力は大したもの。浅田真央が引退し、もう美しいスケートは見られないかと思ったが、…

悪魔のおにぎり

ローソンの「悪魔のおにぎり」という商品が大ヒットしているという記事を読み、帰る途中のローソンで購入。白だしで炊き上げたご飯に、いか天入りの天かす・青のり・天つゆを混ぜ込んだおにぎりで110円である。元々は南極基地で夜食に食べられていたものらし…

老醜

その老人はシート席で文庫本を読んでいた。よれよれの汚いコートの下は背広姿だったので、サラリーマンなのだろう。年齢は60歳すぎ。老人は、喉に違和感があるのか、絶えずウエッと音をたてている。足を組んでずり下がった靴下と、痩せた生足を見せている。…

おしくらまんじゅう

おしくらまんじゅうは、冬にする子供の遊び。「おしくらまんじゅう 押されて泣くな」のフレーズは誰もが知っている。大人になればもうしないかといえば、毎朝の通勤の地下鉄車両に乗る時は、おしくらまんじゅう状態。楽しくないのが欠点。 おしくらまんじゅう…

サロンパス

会社のシステムを新システムに移行中。初期設定では大量のデータの移し変えが必要となる。データの一括処理できないもの手作業となり、ひたすら入力するしかない。両肩から首筋にかけて、どんどん固まっていくのがわかる。期限があるので中止はできない。帰…

区長選出

昨日は区の常会。次年度の区長選出で紛糾する。無報酬で時間をとられる区長など、誰もがやりたくないので決まらない。押し付けあい、エゴイズムがみだれとぶ。とりあえず受け手が現れ、今後の区長選出ルールも決めて解散。やれやれ。 冬ざれや卵の中の薄あか…

草紅葉

工場跡地なので家の敷地はひろい。利用しきれないので、一面草だらけとなっている。春、夏は成長する草との戦いである。今日あたりは、枯れきるまえに、赤くなった草原が広がり、これが「草紅葉」というものかと思う。草紅葉は秋の季語だが、今ぐらいが旬の時…

断捨離

昨日は、部屋の整理で不要な本やマンガを処分、BOOK・OFFに60冊ほど持ち込む。本を買っても積ん読になりがち、片付けていると、こんな本を買ったのかという本が出てくる。引き出しの書類整理も一緒で、捨てきれず入れたままのものが多い。写真とか手紙は思い…

一物仕立て

『平成秀句選集』(平成19年)を手に入れて、頁をめくると巻頭随想で片山由美子が「「取り合わせ」か「一物仕立て」か」のタイトルで、会員である『南風』の津田恵理子主宰を一物派の有力作家登場と言って紹介していた。第一句集『和音』は本当に一物仕立…

極月

12月が始まった。「極月(ごくげつ)」は1年が極まるという意味から名付けられた十二月の呼び方。 今日の予定は自動車の修理、施設へ母を訪問、銀行ATMで出金、夜は町内同年の飲み会。朝に仲間内の携帯句会の選句メールを発信した。やらねばならぬことは…

十一月終了

十一月も今日で終り。朝から訃報の回覧板を各班に配って歩く。八月尽のように尽がついて季語となる月とそうでない月がある。十一月と十二月ははっきりとした区別がつきにくいからか。従って「十一月尽」はないのである、語感も悪いしイメージがわかないとい…

冬の霧

昨日雨が降ったので、朝から霧が出てモヤがかかった状態。冬の冷え冷えした景色が続くと、朦朧とした景色もアクセントになって楽しめる。車の運転には注意が必要だが。今日は娘の軽自動車の納車日、どんな車を買ったやら。 冬の霧椋鳥翔つてもう見えぬ 廣瀬…

朝の出勤時に、土岐川で白い鷺が飛び立つ姿を見かける。鷺は、鷲や鷹のように季語にはなっていない。白鳥のように大きくもなく、ごく一般的な鳥と分類されているようだ。日本には19種類の鷺がいて、一般的なのはダイサギ、チュウサギ、コサギと分類されてい…

コート

日に日に寒くなっていく。今日から通勤に黒コートを着用。だんだんコートを着る人が増えてきた。服装の色も、黒っぽくなっている。 「外套」は冬の季語、英語ではオーバーコート。今は、外套もオーバーも余り使われず聞くことが少ない。語感が重さを感じる。今…

月間の作句数

1か月に俳句を何句作りますか?その総数は参加する句会やら結社の投句で大体決まってくるのではないだろうか。私の場合、仲間内の携帯句会8句、『南風』5句、南風メール句会3句、『俳句』への投句3句が基本で20句から30句というところ。 今月号の『南風』に…

金木犀

結社誌『南風』の12月号が届く。三栖隆介氏の「年間回顧 推賞の三十句(南風集より)」で私の句が採られていて、びっくり。 宅急便金木犀の香を入れぬ 宅急便を送るべく、箱を閉じる際、ちょうど金木犀の香が漂う時期で、この香も一緒に、との気持ちだろう。…

女子柔道部物語

小林まことの『女子柔道部物語』第5巻が発売、早速購入。帯にはコミックス1~5巻累計60万部突破とある。売れてますねえ、面白いことは間違いない。ひょっとしたら同作者の『柔道部物語』を超えるかもしれない。5巻のハイライトは新入生歓迎会でエモが歌う…

黒タイツ

第16回南風メール句会の結果が配信される。今回は53名、158句。締切が変更となり1回休んでから不振が続いたが、今回はようやく名前が出た。4点句、2点句が1句ずつ、特選にも2名の方に選らんでいただきました。4点を集めた黒タイツの句は、帰宅の電車で向か…

アンソロジー

昨日は『名俳句1000』(彩図社)を車中で読みながら帰宅。このアンソロジーは、1958年生まれの会社員佐川和夫氏が、自分の心に染みた名句だけを集め5年かけて本にしたもの。誰にもこうした欲望はあるもの。私も俳句を始めた頃、好きな俳句、何かしら感じた俳句…

強欲

日産のゴーン会長が所得隠しで逮捕された。一般人からすれば、桁違いの年収であるのに、不正をしてまで蓄財に励む強欲さに飽きれる。人間の欲望には限界がない。食欲や色欲のように、受け入れる器の容量かあるものはまだ抑制がきくが、金銭欲や名誉欲になる…

唐揚げ定食

昼食でいくちゃんぽん店が唐揚げ定食を新発売。幟旗が出ているので、食べてみるかと注文すると、このメニューは13時からと言われて断念したのが先週。再挑戦ということで注文する。皿に盛られた唐揚げ8個、キャベツ角切り、マヨネーズ、胡椒が添えられている…

マスク

マスクは冬の季語。この時期、病院や老健施設などに入ろうと思うと、風邪の感染予防のためマスクの着用が求められる。母の入所する老健施設も訪問者はマスク着用なので、車に一箱マスクを購入して常備している。春は花粉症対策で、近年は本当にマスクの着用…

日曜日

本日は晴天なり。日曜日の朝食、バターを塗ったトースト1枚、野菜サラダとヨーグルト、牛乳。 8時過ぎには小中学校合同の資源回収トラックが回ってくる、古着を処分して出す。今日は、午前中母のいる老健施設に行き、午後からは八幡神社の祭礼がある。妻の誕…

冬の夜

トリスハイボールのロング缶を買って帰り、晩酌。テレビは、男子スケートの羽生結弦を見る。圧倒的な演技に堪能させてもらい、入浴して就寝。明日は仕事。グッスリと眠ることができるなら幸せだが、数時間単位で寝たり起きたり。午前4時30分、まだ夜は開けな…

人身事故

昨日の帰り道、通勤に使っているJR 中央線が人身事故の影響で大幅に遅れる。再稼働したばかりだったので、車両はぎゅうぎゅうの缶詰状態。激しく消耗して家に帰る。事情はあるだろうが線路に飛び込むのだけは止めてほしい。何万という人にストレスと迷惑をか…