六十二歳

本日、誕生日。62歳となる。 感慨は特にない。 風邪をひいたのか、朝から頭痛。 午後から雨が降るというので、傘を持って会社へ行く。 本日は、栄のテレビ塔がリニューアルオープンの日、周辺の店がテレビで紹介されている。テレビ塔なんて上ったのは、いつ…

開高健の夫婦事情

嵐山光三郎の『生きる!』を読んでいたら、開高健の夫婦関係のことが書かれていて面白く読んだ。開高健の妻は、詩人の牧洋子で7歳年上、できちゃった婚である。開高は結婚した瞬間から後悔していたらしい。ベトナムへ行き戦争ルポルタージュを書いたのも、…

平田弘史

平田弘史といえば時代劇漫画の巨匠。コンビニで「平田弘史時代劇傑作線 義士不屈」という雑誌が売られてをり、伝説のデビュー作品「愛憎必殺剣」完全収録とある。「愛憎必殺剣」は1958年に漫画雑誌『魔像』に掲載された。表紙も入れて15頁、平田はこれ…

秋冷

肌寒さを感じるようになった。エアコンを全開しないと部屋の温度が下がらなかったのが嘘のようである。電車に乗る通勤姿も、半袖シャツから長袖シャツを着る人も増えていて、上着着用も見かけるようになった。秋に季節は変わっているのだ。さていつまで、半…

キーボードの叛乱

先週から会社のパソコンの調子が悪い。何もしていないのに「・」や「/」の文字が勝手に自走するのである。キーボードが不具合の原因であることは突き止めた。おそらく「・」のあるキーのところが何等かの押した状態で元に戻らなくなっているのだろう。保証期…

生きてる人の世の中!なのだ

嵐山光三郎のエッセイ集『生きる!』を買う。嵐山は1942年生れ、77歳と書いてある。もう、いやおうなしに死を見つめざるを得ない。「生きてる人の世の中!なのだ」は、序章のタイトル。嵐山が立ち会った葬儀が書き綴られ、最後に「「生きる!」という…

土曜日の倖せ

6時30分起床。トースト、野菜サラダ、トマトジュースの朝食。 明日が飼っていた犬の1周忌なのでお墓の掃除をし、散髪に出かける。刈上げてもらい洗髪・髭剃りをして1650円。マクドナルドでコーヒー・タイム。 午後は、放置して草ぼうぼうの畑の草刈。作業…

谷口ジロー『歩くひと』完全版

谷口ジローの『歩くひと』完全版が出ていることを、今日初めて知った。NHK BS4Kでドラマが放送中らしい。便乗企画であるが、完全版は雑誌掲載時と同じB5版で、しかもカラーページを再現するという。私の持っているのは文庫版なので、いまいち物足り…

きよめ餅

伊勢神宮といえば「赤福」、熱田神宮といえば「きよめ餅」である。本店が熱田神宮の前にある名古屋の有名な菓子であり、たまには食べてみようかという気になる。手に入れるのはたやすい。デパートでも駅のキオスクでも販売している。キオスクで5個入りが6…

ダイエット・サプリ

正月に体重が増えて以来、減量ができないまま、1年の3分の2が過ぎた。 最近気になるのが、ダイエット広告。たいていマンガや写真で効果をあおって、最初は500円で在庫がなくなり次第終了、今がチャンスと宣伝している。しかし、そんなに急激に減量できるとい…

おいしいパスタがあると聞いて

あいみょんの最新CD『おいしいパスタがあると聞いて』がアマゾンから届く。 「ハルノヒ」「裸の心」を含めて全12曲。 あいみょんは、令和を代表する歌手になるだろうと思う。 静まりし裸の心夏館

どしゃ降り

台風10号は、それほどの被害もなく通過してよかったが、名古屋も雨が降ったり止んだり。なんだかんだでお昼が遅くなり、会社を出たのが午後3時過ぎ。その時は曇り空で雨は降っていなかったが、食事をすませて店を出る時にはどしゃ降り。会社までは大した…

スシロー

スシローがテレビでキャンペーンの宣伝をしている。ウニの映像が刷り込まれたせいではないが、昼食はスシローに決める。家から近いスシローは、多治見市か可児市のどちらか。可児市のスシローへ行くことにする。12時15分前に到着するが、すでに店は予約…

『さよなら私のクラマー』アニメ化

「月刊少年マガジン」掲載の『さよなら私のクラマー』(新川直司)のファンである。高校女子サッカーの漫画だが、すっかりはまってしまい掲載雑誌の毎月の発売日が待ち遠しい。 来春、映画とTVで同時にアニメ化が決まったと10月号で発表された。映画は、…

『Number』藤井聡太特集

スポーツ誌の『Number』が、3日発売の最新号で、将棋の藤井聡太の特集をしている。勝負を競うという意味では将棋も、知的スポーツと言えなくもない。『Number』でも将棋特集は初めてのこと。記事も読み応えがあるが、スポーツ・グラフィック誌なだけに、写真…

夜には雨が降っていたが、朝には降り止む。今日は雨の予報なので、この晴れ間も一時的なもの。駅へ向かう通勤途上、空に虹がかかっているのを発見。しかも二本。何だかうれしい気分。何かいいことがあるかな。 虹二重神も恋愛したまへり 津田清子の句。

第2回文庫100均祭り終了

岐阜市の古本屋「徒然舎」さんが開催していた第2回文庫100均祭りが8月31日で終了した。最終日は出し切れなった分を大きな棚を1本追加してならべたと、ブログに書いてある。この文庫祭りの文庫本を徒然舎に引き取ってもらったのは私です。わが蔵書た…

九月スタート

いつのまにか九月である。1年の4分の3はすでに終了している、追われように生きている気分。大雨の影響でJRが不通となり、1日の0:45に家にたどり着き、3時間ほど寝て、すぐに出勤。寝不足で身体が重く、気力が萎える。仲間うちの携帯句会の選句メールを発信す…

噴水

残暑厳しく、噴水を見るとうれしい。 噴水はまこと大きな感嘆符 金子敦の句。見立てが素晴らしい。金子敦は1959年生まれ、何だ1歳違いかと思う。噴水を眺めながら、ああでもない、こうでもないと考えるのかな。それとも一瞬のひらめきかな。

BLUE GIANT LIVE SELECTION

アマゾンで予約していた『BLUE GIANT LIVE SELECTION』が届く。『BLUE GIANT 』のライブシーン16話を大判サイズで編集した、25000部の限定出版。しかも雪祈退院の日を描く書下ろし8PとCD付きである。画面が雑誌サイズだと、受ける迫力が全然違う。楽しくて一…

愛誦の一句

『南風』9月号の「愛誦の一句」原稿の転載です。 大丈夫みんな死ねます鉦叩 作者の高橋悦子は、昭和十一年、東京都北区生まれ。第九回現代俳句協会年度作品賞を受賞した「シュトラウス晴れ」 の一句である。主観的な主張が述べられる作品は、結論が明示され…

ちくさ正文館

ターミナル店が閉店し、本店と統合して3か月が過ぎようとしている。久しぶりに立ち寄るが、前の店の雰囲気を知る者にとっては何か違和感がある。これは前の店のレイアウトは、書棚が低く空間的なゆとりがあったせいだろう。多分、物量的には以前と変わらな…

レジ袋有料化

7月からレジ袋が有料となった。コンビニでも「袋いりますか」と聞かれるが、買ったことはない。あれば便利だが、どうしても必要というわけではない。同じ観点から、コンビニの紙おしぼりも必ずサービスでつけてくれるが、必要な人がもらえばいい。あれも再…

第37回南風メール句会

第37回南風メール句会の結果発表が配信される。今回の参加者は69名、207句。 緑蔭の黒くなりゆく古道かな 特選1、並選2。 空高く音を跳ばしてばったんこ 並選2。 締切寸前の苦しまぎれの投句が続いている。

宇宙兄弟38

小山宙哉の『宇宙兄弟』最新刊38巻が発売。特装版の名言集「心のノート2」に2枚のシールシ-トがついています。そのイラストは、私の次女が描いてます。買ってもらえると嬉しいな。 流星の使ひきれざる空の丈 鷹羽狩行の句。

田中惣一郎

田中惣一郎は第5回芝不器男俳句新人賞特別賞の受賞者。『NHK俳句』9月号で小澤實が令和の新星として紹介している。私の関心を引いたのは、彼が岐阜県高山市の出身であること。俳句も故郷の風景を題材にしており、岐阜県人としては応援したくなる。都会…

藤井聡太

藤井聡太が、王位戦を4連勝し2冠を獲得。18歳の高校生の底知れぬ強さ。 「強くなること」をただひたすらに求め続ける藤井聡太の「探求」の果てには何が見えるのだろうか。それは中島敦が書いた『名人伝』のような世界なのか。はたまた松本大洋の『ZERO…

夏休み

決算事務も一段落したので、遅まきながら夏休みを取る。肩がパンバンなので、「リラクル」でマッサージを受ける。気持ちよさに眠ってしまう。 12時過ぎに終わり、「そば茶屋」で昼食。冷やしおろし蕎麦に天ぷら。揚げたての天ぷらは美味い。 その後、「土岐…

続・松本大洋

松本大洋の『ピンポン』5巻がアマゾンより届き一気読み。シリーズ物で、欠番があるとなかなか見つけられないということはよくある話。 松本大洋の『竹光侍』も全8巻で、1巻から4巻まではブックオフで見つけたが、残りが揃わない。シリーズが長くなると,…

松本大洋

ブックオフが本の2割引きのセール中。近くのブックオフへ行き、吉野朔美のマンガの上に松本大洋の『ピンポン』が4冊並んでいて、『おい、俺を買ってくれ』と呼び掛けてくるので、松本マンガは初めてだが衝動買い。松本大洋の名前は知っているが絵柄が好み…